妊婦さん、これは見逃さないで!妊娠中の湿布が赤ちゃんに与える影響

妊娠中の湿布が赤ちゃんに与える影響

   

妊婦さん、これは見逃さないで!妊娠中の湿布が赤ちゃんに与える影響

妊娠中は赤ちゃんへの影響が何かと心配になります。

 

食事、飲み物、排気ガス、カフェイン、添加物、アルコール、たばこ…

 

赤ちゃんへ影響するものはたくさんありますよね。

 

そんなとき、
首こり・肩こり持ちの妊婦さん、腰痛持ちのお母さんは、湿布を使っても良いの?と疑問を持ちます。

 

小さいお子さんがいると病院に行きにくいので、ネットで調べたり自分で対策することも多いと思います。
特にお腹が大きくなってきた時は腰への負担が大きくなります。

 

普段であれば湿布を貼って対処できますが
妊娠して赤ちゃんがいるとなればそう簡単に使えるものではなくなってきます。

 

ここからはそんなお母さん方に湿布の使用で赤ちゃんに影響するのか?
湿布以外で腰の痛みをとる方法があるのか?
このことについて説明していきます!

 

 

 

湿布の使用で赤ちゃんに影響は出るのか?

法律によって厚生労働省より2014年以降、妊娠後期にある妊婦さんに対して、
湿布(外用消炎鎮痛剤)の一部を「使用してはいけませんよ」という改定が行われました。

 

つまり、現在では、妊婦さんが使用してはいけない湿布薬が、法律で明確に決まっているということなんです。

 

妊娠後期の妊婦さんが使用してはいけないとされる湿布の成分は
・インドメタシン
・ボルタレン
・ケトプロフェン
とおおまかになっています。
この成分が含まれているものは使用するのは避けたほうがいいでしょう。

 

これらの成分が含まれているものを多量に使用し副作用として影響が出たケースとして
胎児の動脈管収縮の出現、羊水過小になってしまうということがあります。
いずれも死産になるということはない様ですが、極めて危険な状態にあったと思います。

 

このような症状がでることはまれで
一度に多量に貼ったり、同じ箇所へずっと貼り続けているということがなければ
慌てることはないでしょう。

 

もし使用している方がいれば使用するのをやめて、
専門の医師に相談して対処してもらうのが良いでしょう。

 

 

また、肩や膝はお腹から遠いからたくさん貼っても大丈夫というわけではありません。
湿布を貼った箇所の血液中に成分が浸透して全身に成分が行き渡ります。
続けて貼っていると、同じ様に副作用を起こしかねないので注意してください。

 

 

妊娠中に貼っても良い湿布はある?

妊娠中に貼ってもいい湿布はありますが
使用する前に医師に診てもらい、その判断で使用することをお勧めします。

 

妊娠中に使用しても良いとされる湿布は
第3類医薬品でインドメタシン等が配合されていないものとなります。
これは比較的作用が強くないものがメインとなっています。
使用してはいけないものは第1類医薬品で
第2類医薬品の多くも使用上の注意書きがあり
使用する際には医師に相談が必要となるものが多いです。

 

湿布は簡単に使えて口から入れるものでもないので
薬という認識が薄く、誰でも簡単に使えてしまうというのがあります。
ですが、れっきとした医薬品に分類されるものなので使用する際には
注意が必要で、使い方を間違えれば胎児に悪い影響を及ぼす可能性が多くあります。
使用する際には自己判断ではなく、必ず医師に相談することをお勧めします。

 

 

 

妊娠中の腰痛の対策

妊娠中に湿布が使うのが難しいということが前述でわかっていただけたと思います。
ここからはそれ以外での腰痛の対処の仕方を紹介したいと思います。

 

 

重いもの持ち方
多い荷物や子供を抱き上げる時は、片膝をつけ、腰から上に重心を動かします。
靴も少し高さ(2?3センチ)のある靴のほうが後ろに重心がかかるのでお勧めします。
高さがある靴と言ってもピンヒールの様な細いものだと危険なので、
しっかりしたものでお願いします。

 

 

骨盤ベルト

骨盤の出っ張っているところに3分の1くらいベルトがかかる様に巻きます。
骨盤ベルトを巻くことで骨盤の緩みを防ぎ、腰への負担が減ります。
巻く時に巻く高さが重要になります。普通のベルトの感覚で巻くと高すぎます。
また胎児にも悪い影響が出ることもあるので医師の意見を聞いてみるのもいいでしょう。
妊娠中はもちろん、産後も骨盤を整えることは大切なので使い続けてみるといいです。

 

 

ストレッチ
腰が痛くなるのは筋肉が張って血液の流れが滞っているのが原因です。
ストレッチをして筋肉をほぐしてあげることで痛みを和らげることができます。
妊娠中ですと安定期になるまで激しいものはお勧めできませんが、
それ以後であれば問題ありません。
ただし、気分がすぐれない時に無理をするのはいけません。

 

 

スイミング
妊娠安定期後から可能な運動としてスイミングが挙げられます。
水の中で行う運動で、浮力がかかり普通に運動するより体力を必要としません。
イルカ飛びやドルフィンキック、バタフライは背骨をしならせる動きをします。
この泳ぎで逆子を治すとも言われますし腰回りの筋肉を動かすことで腰痛にも効きます。
これも、気分がすぐれない時は無理は禁物です。また医師に相談してから行うのが良いです。

 

 

マッサージ
妊娠中はうつ伏せになれないので横向きか椅子にまたがってやってもらうのがいいでしょう。
あまり強く押してもらうのではなく、優しくゆっくり押してもらってください。
たくさん押してもらっても効果が出るわけでもないので、痛みが出る様であれば止めましょう。

 

 

 

身体・患部を温める
筋肉が硬くなり血液の流れが悪くなり腰痛になるので、
温めて筋肉、血管を拡張してあげると楽になります。
体を冷やすのは特にいけません。大変なのでシャワーだけで済ませてしまうことが多くなると思いますが、半身浴でも効果が出ますので、10?15分くらいを目安にゆっくり湯船に浸かって温めてあげましょう。

 

ほかにも、蒸しタオルを腰に当ててあげるのも良いです。
火傷には注意してくださいね。
時間が経ち冷えてきますが、この時は温かい→冷たい→温かいの繰り返しが刺激となって
より効果的に血液の循環を良くすることができます。

 

この様に日常生活でも工夫をすることにより、痛みを改善することができます。

 

妊娠って大変ですよね。
ですが、出産後には可愛い赤ちゃんとの出会いが待っています!
お母さんになるため、頑張ってくださいね!

 

 

合わせて読みたい「湿布の副作用」関連記事

妊娠中、授乳中に湿布はNG!?
湿布の第2類医薬品と第3類医薬品の違いと副作用
知らないでは済まされない!押さえておきたい≪湿布の副作用≫

シェアありがとうございます^^